不動産鑑定の神

独学で不動産鑑定士

不動産鑑定士を独学で行なう場合、不動産鑑定士の合格率を見ても孤独な戦いになることは間違いないでしょう。不動産鑑定士は、土地や建物の鑑定、評価を行なうことを仕事としています。土地は、みんな同じように見えてもそれぞれ異なります。土地の適正な価格を判定できるのは、不動産鑑定士だけとなっています。

不動産鑑定士の試験は、国土交通省がおこなう国家試験で、合格率は10%程と難関試験となっています。不動産鑑定士として仕事をするには、この試験に合格をして、不動産鑑定士名簿に登録しなければいけません。不動産鑑定士が働ける職場の数は多岐に渡り、不動産会社から金融機関、不動産鑑定書、独立開業などあります。

だいたい独立するまでに、実務経験を3年程積む必要があると言われていて、その将来性と実用性から不動産鑑定士を独学で勉強をしようとしている人が多いようです。

でも、当然のこと不動産鑑定士の独学での勉強は決して簡単ではありません。

不動産鑑定士の独学で勉強をする際の注意点

通信教育や学校に通うのとは違い、独学での勉強は何から何まで自分一人でする覚悟が必要となってきます。試験に対する情報収集、問題集や参考書の選択や、資格を取ってからの就職活動など、することはいっぱいあります。

何より常に最新の情報を手に入れることが重要となってきます。試験の内容が変わったり、試験自体が変更になったりする場合には特に注意が必要です。

Favorite

レンタル会議室を八重洲口で探す

最終更新日:2017/6/29