不動産鑑定の神

不動産鑑定士試験1

前述にも述べましたが、不動産鑑定士になるためには不動産鑑定士試験に合格しなければいけません。国土交通省土地鑑定委員会が実施する試験は非常に難易度が高いため、合格するには相当の準備が必要となってきます。
実はココだけの話昔管理人は広島 賃貸を見ながら不動産鑑定士試験の勉強をしていた時期がありました。しかし、難しくて途中から宅地建物取引主任者の勉強に変わったのを覚えています。

平成18年度から新制度が導入されるようになり、一回の試験で選抜されるようになりました。不動産鑑定士の試験は短答式試験と論文式試験で構成されています。短答式試験は5月中旬の日曜日に北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県で開催されています。

論文式試験は8月の第一日曜日を含む土・日・月曜日の連続する3日間に東京都、大阪府、福岡県で実施されています。申込期間は、試験日より60日以上前の2週間前後となっています。くれぐれも提出を忘れないように注意しましょう。

本試験は、短答式試験に合格した人のみが、論文式試験を受験できる2段階選抜の形式となっています。受験資格は特に設けられていないため、誰でも受験することができます。

不動産鑑定士の合格基準

不動産鑑定士試験では、短答式試験、論文試験共に土地鑑定委員会が定めた得点をクリアすると、合格となります。目安としては短答式試験が全体の約7割が基準だとされています。一方で、論文式試験の目安は約6割と言われています。でも、総合点だけではなく、各科目の得点も一定基準を超えなければ、合格とはならないので注意しましょう。

不動産鑑定士試験の難易度&合格率

不動産鑑定士試験は年々難化傾向にあるようです。2001年度には14.9%だった合格率も2005年度には、7.4%までに減少したようです。また、新制度が導入された2006年度は最終合格率がわずか2%にしか満たなかったようです。

短答式試験では4人のうち3人が不合格となり、論文式試験では10人のうち9人が落とされたためこのような結果となったようです。共に、三大国家試験といわれている司法試験や公認会計士の試験が、新制度によって合格をのばしたのとは対照的に、合格者が年々減ってきていることが現状のようです。

それには、試験の内容そのものが難しくなっていて、合格ラインの点数を取得できる受験者の数が少なくなっているということにあります。したがって、短期間の詰め込み式の勉強法では到底太刀打ち出来ません。受験者にとっては厳しい状況になるかもしれませんが、日頃からいかにしっかりと勉強をしているかが合否を分ける鍵となっているようです。

おすすめWEBサイト 5選

プレイマット 通販
犬のしつけ教室
ペンライト

2017/7/7 更新

不動産鑑定士試験1

不動産鑑定士試験2

不動産鑑定士取得後

独学で不動産鑑定士

独学で不動産鑑定士2

ご意見・ご感想